フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

第9回フランコフォニーを発見しよう!
投稿日 2017年11月28日
最後に更新されたのは 2017年12月1日
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
日本におけるフランコフォニー推進会議と日本フランス語教育学会(SJDF)が主催で毎年開催しているイベント「フランコフォニーを発見しよう!」が今年も開かれる。9回目を迎える今回は、12月9日(土)、13時30分より、学習院大学、目白キャンパス(東京)にて行われる。
<span class="caps">JPEG</span> - 809.2 kb
フランコフォニーとは、フランス語を話す国や地域の総体のこと。「フランコフォニーを発見しよう!」は、日本人の方々にフランコフォニーの活動を紹介し、フランス語によってフランスだけではなく、様々な文化を持つ国々が絆を深めていくことを目的としたイベントである。
イベントは三部に分かれており、第一部は、ロモ・ミヤジオム,アジェ=セレスタン氏(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 外国人研究員・特別招聘教員、ストラスブール大学准教授)による講演「フランス語圏におけるネグリチュード、クレオール化、混交: セゼール、グリッサン、サンゴールをめぐって」、第二部は、フランコフォニーに関するクイズと日本におけるフランコフォニーに関するルポルタージュである。
参加は無料で、事前申し込みをしていない方でも参加できる。一口にフランコフォニーと言っても、それぞれ多様な文化を持っている。今回のイベントでは、そんなフランコフォニーの様々な側面を知るために、絶好の機会となるだろう。
 
 
日時:2017年 12 月 9 日(土)13:30~17 :30
会場:目白キャンパス学習院大学
目白キャンパス(東京) 中央教育研究棟302教室
 
9e Journée découverte de la francophonie
 
当日のスケジュール:
13:30 ~13:45 開会
13:45 ~14:30 講演:ロモ・ミヤジオム,アジェ=セレスタン (東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 外国人研究員・特別招聘教員、ストラスブール大学准教授) 「フランス語圏におけるネグリチュード、クレオール化、混交: セゼール、グリッサン、サンゴールをめぐって」
(フランス語、日本語通訳付き)
14:30 ~17:10(16:00〜16:10休憩)フランコフォニーに関するクイズ、 日本におけるフランコォニー関するルポルタ ージュ
 
主催: 日本におけるフランコフォニー推進会議、 日本フランス語教育学会
共催: フランコフォニー国際機関 (Organisation Internationale de la Francophonie)、日本ケベック学会、アンスティチュ・フランセ日本
後援: フランス語教育振興協会 APEF、朝日出版社、白水社、三省堂、駿河台出版社、弘学社、三修社、アシェット・ジャポン、グロリア ツアーズ、TV5、franc-parler.jp
協賛:学習院大学 フランス語圏文化学科



チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

2017-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.59