フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『椿姫ができるまで』Traviata et nous
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
<span class="caps">JPEG</span> - 27.7 kb
©LFP-Les films Pelléas, Jouror Développement, Acte II visa d’exploitation no 129 426- dépôt légal 2012
『椿姫ができるまで』
 
 イタリアオペラの巨匠ジュゼッペ・ヴェルディの生誕200年にあたるメモリアルイヤーを記念して公開されるドキュメンタリー作品。2011年夏、南仏のエクサン・プロヴァンス音楽祭で上演されるヴェルディの傑作オペラ「椿姫」の制作過程を追っている。上演に先立つ2011年の春、フランスのオペラ歌手ナタリー・デセイは、ヒロインのヴィオレッタを演じるために、気鋭の演出家ジャン=フランソワ・シヴァディエとともに、「椿姫」のリハーサルの製作に臨んでいた。ヴェルディが本来志した原典に返ろうと、身振り手振りを交えながら続けられるシヴァディエの独創的な演出。一方のデセイは、彼から投げかけられる言葉に真摯に耳を傾け、持ち前の豊かな表現力で応えていく…。連日のリハーサルに立ち会うことを許されたベジア監督は、90時間にもおよぶ撮影フィルムをもとに、華麗な舞台が生まれる瞬間をしっかりととらえている。
 
監督:フィリップ・ベジア
出演:ナタリー・デセイ、ジャン=フランソワ・シヴァディエ、ルイ・ラングレ
2012年/112分
 
Traviata et nous de Philippe Béziat d’après l’opéra de Verdi avec Natalie Dessay, Jean-François Sivadier, Louis Langrée; 2012, France, 112mn
 



チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

2017-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.52