フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

「『タンゴ・リブレ 君を想う』 Tango libre
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
<span class="caps">JPEG</span> - 64.1 kb
Crédits : © ARTEMIS PRODUCTIONS - SAMSA FILM - LIAISON CINEMATOGRAPHIQUENORD-OUEST FILMSMINDS MEETRTBF
「『タンゴ・リブレ 君を想う』
 
 『ポルノグラフィックな関係』のフレデリック・フォンテーヌ監督の最新作。役者本人がダンスシーンを演じるなど、迫力のタンゴダンスが堪能できる。刑務所の看守として平凡に暮らしてきた中年男性のJC。彼の趣味と言えば、週に一度だけ通っている趣味のタンゴ教室で踊ること。そんなある日、自由奔放で華やいだ雰囲気の30代の女性アリスが教室にやってきて、彼と一緒にタンゴを踊ることになる。そしてその翌日、JCは刑務所の面会の待合室にアリスの姿を見つける。彼女の面会相手は夫と愛人の二人。平凡な人生を暮していたJCは、そんな自由奔放なアリスに惹かれていくようになるが、看守には、受刑者の家族と付き合ってはいけないという決まりがあった…。ベネチア国際映画祭オリゾンティ部門では審査員特別賞を、ワルシャワ国際映画祭ではグランプリを受賞するなど、世界中の観客を魅了してきたタンゴ映画である。
 
監督:フレデリック・フォンテーヌ
出演:フランソワ・ダミアン、セルジ・ロペス、ジャン・アムネッケル、アンヌ・パウリスヴィック
2012年/ベルギー・ルクセンブルク・フランス/97分/フランス語・スペイン語
 
Tango libre de Frédéric Fonteyne avec François Damiens, Anne Paulicevich, Sergi López, Jan Hammnecker; 2012, France, Belgique, Luxembourg, français, espagnol, 97 mn, PG12
 



チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

2017-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.52