フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『家族の灯り』Gebo et l’ombre
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
<span class="caps">JPEG</span> - 88.9 kb
Crédits : ©2012-O SOM E A FURIA/MACT PRODUCTIONS
『家族の灯り』
 
90歳を超え、年に1本のペースで新作を発表し続けるポルトガルの巨匠マノエル・ド・オリヴェイラ。現役最高齢となる105歳を迎え、「世界で最も偉大な映画作家」として敬愛されている彼の最新作は、ポルトガルの作家ラウル・ブランダンの戯曲を映画に翻案、フランスの大女優ジャンヌ・モローと、イタリアの大女優クラウディア・カルディナーレという名優たちを迎えている。ある街で帳簿係として働くジェボは、妻ドロテイアと、義理の娘ソフィアとともにつつましく暮らしていた。彼らの息子ジョアンは8年前に忽然と姿を消しており、一家は彼の帰りを待ちわびて悲しみにくれる日々を送っていた。失踪した息子を盲目的な愛で信じ続ける母。置き去りにされ悲しみの中で毎日を過ごす息子の妻。息子が失踪した秘密を知っていたジェボ。そんなある日、突然ジョアンが帰ってくる。長い間、不在だった息子の突然の帰宅に家族は動揺する…。(Tomohiro Mibu)
 
監督:マノエル・ド・オリヴェイラ 
出演:ジャンヌ・モロー、クラウディア・カルディナーレ、マイケル・ロンズデール、リカルド・トレパ
2012年/ポルトガル・フランス/フランス語/91分
 
Gebo et l’ombre de Manoel de Oliveira avec Jeanne Moreau, Claudia Cardinale, Michael Lonsdale; 2012, France, Portugal, 91 mn



チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

2017-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.52