フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『アデル、ブルーは熱い色』La vie d’Adèle chapitres 1 et 2
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
<span class="caps">JPEG</span> - 33.7 kb
© 2013- WILD BUNCH - QUAT’S SOUS FILMSFRANCE 2 CINEMASCOPE PICTURESRTBF (Télévision belge) - VERTIGO FILMS
『アデル、ブルーは熱い色』
 
 第66回カンヌ国際映画祭でパルムドール(最高賞)を獲得した、衝撃的な愛の物語。ラブシーンは絵画のように美しいと絶賛され、監督のみならず、主演女優2人にもパルムドールが授与されるなど、異例の高評価を受けたドラマとなった。高校生のアデルは、道ですれ違った、ブルーの髪の女に一瞬で心を奪われた。その女に対する思いはつのるばかりで、ついにはアデルの夢にまで出るほどであった。そんなある日、バーで偶然の再会を果たす。彼女の名前はエマ。画家を志す美学生である。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了され、身も心もいちずにのめり込んでいく。数年後、教師になる夢をかなえたアデルは、画家となったエマの絵のモデルをつとめながら彼女と暮らし、幸せな日々を送っていた。ところが彼女の絵の披露を兼ねたパーティーを境に、エマの態度が急変する。その孤独に耐えかねたアデルは…。(Tomohiro Mibu)
 
監督:アブデラティフ・ケシシュ
出演:レア・セドゥ、アデル・エグザルコプロス
2013年/179分/R18+
 
La vie d’Adèle chapitres 1 et 2 d’Abdellatif Kechiche avec Léa Seydoux, Adèle Exarchopoulos; 2013, France, Belgique, Espagne, 179 mn, R18+
 



チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

2017-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.52