フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『不機嫌なママにメルシィ!』Les garçons et Guillaume, à table!
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
Les garçons et Guillaume, à table! 不機嫌なママにメルシィ!
Les garçons et Guillaume, à table! 不機嫌なママにメルシィ!
©2013 LGM FILMS, RECTANGLE PRODUCTIONS, DON’T BE SHY PRODUCTIONS, GAUMONT, FRANCE 3 CINEMA, NEXUS FACTORY AND UFILM
『不機嫌なママにメルシィ!』
 
本年度セザール賞で作品賞、主演男優賞を含む5部門を制覇した感動作。フランスが誇る国立劇団コメディ・フランセーズの演技派俳優ギヨーム・ガリエンヌは、初監督作となる本作で、主人公の“ボク”だけでなく、女装姿の“ママ”役の、一人二役に挑戦している。「開演5分前」の声に、ステージに向かうギヨーム・ガリエンヌ。俳優としての成功を手にした彼は、自分の青春時代を舞台で演じることになった。エレガントなママに憧れていたギヨームは、女の子っぽく育てられたために、家族からは100%ゲイだと思われていた。なんとか彼を男らしくさせたいと思ったパパに無理やり男子校に入れられたギヨームは、そこでイジメにあってしまう。さらに転校先のイギリスでは男子生徒に大失恋してしまい、人生最初の絶望を味わう。うまくいかない人生に疑問を感じた彼は、“本当の自分”を探す旅に出ることにするのだが…。
監督・出演:ギヨーム・ガリエンヌ
出演:アンドレ・マルコン、フランソワーズ・ファビアン、ダイアン・クルーガー
2013年/フランス・ベルギー/87分/仏語・英語
 
Les garçons et Guillaume, à table! de et avec Guillaume Gallienne avec André Marcon, Françoise Fabian; 2013, France, Belgique, 87mn français-anglais
 



チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

2017-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.59