フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』 Casse-tête chinois
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
Casse-tête chinois ニューヨークの巴里夫(パリジャン)
Casse-tête chinois ニューヨークの巴里夫(パリジャン)
© 2013 Ce Qui Me Meut Motion Picture - CN2 Productions - STUDIOCANAL - RTBF - France 2 Cinéma
『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』
 
パリの大学生グザヴィエのバルセロナ留学時代を綴った『スパニッシュ・アパートメント』、その後、社会人となったものの足元が定まらない彼の恋愛・人生模様を描いた『ロシアン・ドールズ』に次ぐ人気シリーズの最新作にして完結編。40歳になったグザヴィエは、妻ウェンディと2人の子供とパリで暮らしていた。小説家としてもまずまずの成功を収めていた彼だったが、ある日、ニューヨーク出張から帰ってきた妻から別居を言い渡されてしまう。ところが「制服のあるセレブ校」に子供たちを通わせると聞いた彼は大激怒。子供たちと一緒に過ごすために、友人のイザベルを頼って、自分もニューヨークでしばらく暮らすことを決意する。しかしチャイナタウンでの暮らしは、悪戦苦闘の連続で、予想外のことばかり。しかもそこにかつての恋人マルティーヌがニューヨークにやってくることとなり…。(Tomohiro Mibu)
 
監督:セドリック・クラピッシュ
出演:ロマン・デュリス、オドレイ・トトゥ、セシル・ドゥ・フランス、ケリー・ライリー
2013年/フランス・アメリカ・ベルギー/117分/英語・フランス語/PG12
 
Casse-tête chinois de Cédric Klapisch avec Romain Duris, Audrey Tautou, Cécile de France, Kelly Reilly; 2013, France, USA, Belgique, 117 mn, G12
 



チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

2017-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.52