フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『カミーユ、恋はふたたび』Camille redouble
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
カミーユ、恋はふたたび Camille redouble
カミーユ、恋はふたたび Camille redouble
© 2012 F comme Film, Ciné@, Gaumont, France 2 Cinéma
『カミーユ、恋はふたたび』
 
人生の折り返し地点に立つカミーユ(ノエミ・ルヴォウスキー)。いまいちぱっとしない女優の仕事と、離婚間近の夫とのいさかいの慰めになるのは、長年連れ添ったネコとお酒だ。うさをはらそうと、年越しのパーティーで泥酔すると、目覚めた場所は病院のベッド。タバコを吸おうとすると、看護師に止められ、酒に酔ったことを注意される。カミーユは、16歳の時代にタイムスリップしていたのだ。亡き母と若い父との再会に喜び、十代の頃の友人たちとはしゃぎ、過ぎた青春を再び謳歌するカミーユの前に、今では愛の冷めてしまった若き日の夫が現れるが…… この映画の監督と脚本を手がけるノエミ・ルヴォウスキーの主演は、プロデューサーのジャン=ルイ・リヴィの声かけがあっての快挙。ぽっちゃりした中年の体型のカミーユが着る十代の服が愛らしい。再会した両親をなつかしく、愛おしくみつめるまなざし。そして過去から現代に帰ってきたとき、別れた夫をあたたかくみつめるまなざし。映画の中でもっとも印象に残るカミーユの深い喜びにあふれた表情を、どうか見逃さないでほしい。(Mika Tanaka)
 
監督:ノエル・ルボフスキー
出演:ノエル・ルボフスキー、サミール・ゲスミ、ジュディット・シュムラ、ヨランド・モロー
2012年/115分
 
Camille redouble de et avec Noémie Lvovsky avec Samir Guesmi, Judith Chemla, India Hair, Julien Faure; 2012, France, 115 mn
 



チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

2017-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.52