フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『ディーパンの闘い』 Dheepan
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
ディーパンの闘い Dheepan
ディーパンの闘い Dheepan
© 2015 - WHY NOT PRODUCTIONS - PAGE 114 - FRANCE 2 CINEMA - PHOTO: PAUL ARNAUD
『ディーパンの闘い』 Dheepan
 
内戦下スリランカで兵士として闘ってきたディーパン(アントニーターサン・ジェスターサン)は、難民としてフランスへ渡ることに。妻のヤリニ(カレアスワリ・スリニバサン)も、娘のイラヤル(カラウタヤニ・ヴィナシタンビ)も、実は出会ったばかりの赤の他人だ。3人は、生きるためにパリ郊外の団地の一室で偽の家族を装って暮らす。闘いの日々から離れ、団地の管理人として静かに生きようとするディーパンだが、忘れかけたささやかな幸せを手にしかけたとき、新たな抗争が彼らの前に立ちはだかる……
本年度カンヌ映画祭のパルム・ドールに輝いたこの作品がとらえたのは、寛容な精神ゆえ、多くの移民が住み、多くの問題を抱えるフランスの等身大の姿だ。主人公ディーパンを演じたアントニーターサン・ジェスターサンは、実際にスリランカ内戦の兵士だった。また、ヤリニ役のカレアスワリ・スリニバサン、イラヤル役のカラウタヤニ・ヴィナシタンビも、映画の出演は本作が初となる。
「家族」とは何か?
血のつながりがあればそれが家族なのか?
ひとつ屋根の下に住んでいればそれで家族と言えるのか?
この映画は、そんな疑問を私たちに投げかけてくる。(Mika Tanaka)
 
監督:ジャック・オディアール
出演:アントニーターサン・ジェスターサン、カレワスワリ・スリニバサン、ヴァンサン・ロティエ、カラウタヤ二・ヴィナシタンビ
2015年/フランス語・タミル語/115分
 



チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

2017-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.59