フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『ブルゴーニュで会いましょう』Premiers crus
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
<span class="caps">JPEG</span> - 92.4 kb
© ALTER FILMS - TF1 FILM PRODUCTIONSSND
『ブルゴーニュで会いましょう』Premiers crus
 
舞台はブルゴーニュ地方。
頑固一徹、昔気質のワイン醸造家のフランソワ・マレシャル(ジェラール・ランバン)。父に複雑な感情を抱きながらも、父の後を継いでワイン造りに励むが、代々続いたワイナリーは経営不振、買収寸前の危機に立たされている。息子は、自分とは違う道を歩んでパリに暮らし、娘は結婚、ワイナリーは娘婿が継いでいるが、とても手が足りない。妻とは数年前に別れ、孤独な日々を送っていた。そこへ、ワイン評論家として成功した息子のシャルリ(ジェリル・レスペ—ル)が帰ってくる。失われそうなワイナリーを再建するというのだ。ブドウの生産も、ワインの醸造も、シャルリに経験はほとんどない。唯一の支えが、祖父(フランソワの父)が指南してくれたわずかな言葉だ。ワイン造りに失敗すれば、評論家としての自分のキャリアも、思い出がつまった自分たちの畑や家を手放さなければならないという窮地で、シャルリは、バラバラになりかけている家族の絆と、忘れ去られつつある伝統を取り戻そうとする。ある日、ブドウ畑でシャルリがこんなひとことをもらす。「ガンジーの言葉を知ってる?……最初は無視され、次に笑われ、最期には真似されるんだ」
ワインを造る人々は、畑が求めるものを懸命に与え続け、それでも、ときとして天候に努力を奪われる。それでも、裏切られたとは思わず、大地と天の恵みを信じ続ける。ワイン醸造家だけでなく、土に作物を植える人たちなら誰もが知っている神聖な営みを、この映画は私たちに教えてくれる。黄金色のブルゴーニュを、聖地のように描いたジェローム・ル・メール監督。これが、ブルゴーニュでなく、ボルドーだったら、きっとまったく違う物語が生まれたのだろうと思う。ワインに興味がない人にも、ぜひ見てほしい1本 (Mika Tanaka)
 
監督:ジェローム・ル・メール
脚本:レミ・ブザンソン、バネッサ・ポルタル
出演:ジェラール・ランヴァン、ジャリル・レスペール、アリス・タグリオーニ、ローラ・スメット、ラニック・ゴートリー
2015年/フランス/97分
 



チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

2017-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.52