フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『ショコラ 君がいて、僕がいる』Chocolat
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
<span class="caps">JPEG</span> - 80.4 kb
© 2016 Gaumont / Mandarin Cinema / Korokoro / M6 Films
『ショコラ 君がいて、僕がいる』Chocolat
 
20世紀初頭。今から100年ほど前のフランスでは、「人種差別」の存在が当たり前のようにあった。博覧会では「人間動物園」という展示もあった。そんな時代の中、芸人として成功への道を歩んだ黒人がいた。彼の芸名はショコラ(オマール・シー)。そして、彼の成功を支えたのは、相方の白人芸人、フティット(ジェームス・ティエレ)だった。2人は、小さなサーカスで出会い、コンビを組んでから、またたく間に一世を風靡する。しかしその成功があっても、人種差別の壁は依然としてショコラを阻み続ける・・・・・・実在の芸人、ラファエル・パディーヤの伝記をもとにつくられたのがこの映画。芸の世界で偉業を成し遂げた人物でありながら、その功績がほとんど残されていない。そのことが既に、差別の壁の厚さを物語っている。この映画を手がけたロシュディ・ゼム監督の言葉が深くささる。「これは、フランスという国の物語だ。何の罪も責任もなく、ショコラは時代に名を刻み、そして忘れられた」
そして監督は、こう続ける。「今日をよりよく生きるためには、過去を知ることがとても大切だ」と。ショコラを演じるオマール・シーは、『最強のふたり』で、2012年のセザール賞最優秀主演男優賞を受賞している。彼の受賞が、「黒人初」であったことが、ショコラの人生と重なるように思えて、切ない。(Mika Tanaka)
 
監督:ロシュディ・ゼム
出演:オマール•シー、ジェームス•ティエレ、クロティルド•エスム、オリヴィエ•グルメ
2015年/119分/PG12
 



チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

2017-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.59