フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『夜明けの祈り』Les innocentes
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
<span class="caps">JPEG</span> - 76.5 kb
© 2015 MANDARIN CINEMA AEROPLAN FILM MARS FILMS FRANCE 2 CINÉMA SCOPE PICTURES
『夜明けの祈り』Les innocentes
 
1945年12月、ソ連侵攻下のポーランド。このときのソ連軍は、ポーランドにとって「英雄」だった。ドイツからポーランドを解放したからだ。その一方、英雄・ソ連軍は多くのポーランドの女性たちの尊厳を奪っていた。その女性たちの中には、神に操を誓った修道女たちも含まれる。主人公のマチルドを演じたルー・ドゥ・ラージュさんは、映画をこう語る。「修道女たちは、ソ連兵に2回、犯されます」と。1つは、彼女たちの体。そしてもう1つは、”誓い”だ。「彼女たちは、神への誓いを犯されてしまうのです」・・・・・・この映画には、マチルドのほかにもう一人の主役がいる。それが、シスター・マリアだ。「信仰の始まりは、子供のようなものです。父親が手を引いてくれる。しかしいつか、その手が離され、暗闇を迷子になる。十字架は喜びの背後に必ずあります」。彼女が口を開くと、ポーランドなまりのフランス語は宝石のような輝きを放ち、若い医師マチルドを静かに導く。「信仰とは、24時間の疑念と1秒の希望です」。ルーさんが、映画の中でもっとも印象に残る言葉として挙げたのが、シスター・マリアのこの台詞だった。『夜明けの祈り』は、フランス映画祭2017で上映された12作品の中で、観客が選ぶベスト作品『エールフランス観客賞』に輝いた。愛もなく宿ったはずの子でありながら、その子たちの誕生シーンはエネルギッシュで希望に満ちてる。
<span class="caps">JPEG</span> - 65.6 kb
Photo: Mika Tanaka

自分の背負ったルーツをはじき飛ばすかのような、その大きな泣き声のなんと尊いこと!子供たちの命とシスターたちの尊厳の2つを守ろうと、最後まであきらめずに行動したマチルドの勇気が胸を打つ。マチルド役のモデルとなったのは、レジスタンス運動にも身を投じた女性医師・マドレーヌ・ポーリアック。この映画がまったくのフィクションではないことを、忘れたくはない。 (Mika Tanaka)

 
監督:アンヌ・フォンテーヌ
出演:ルー・ドゥ・ラージュ、アガタ・ブゼク、アガタ・クレシャ、ヴァンサン・マケーニュ
2016年/フランス・ポーランド/フランス語・ポーランド語・ロシア語/115分
 



チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

2017-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.59