フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス』 Journal de France
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
<span class="caps">JPEG</span> - 93.3 kb
© Palmeraie et désert – France 2 cinéma
『旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス』 Journal de France
 
砂漠をゆったりと歩く美女の官能と、母親の死別という試練をみつめるパリジェンヌの葛藤。精神病院で、裁判所で、自分の存在を訴え続ける市民たち・・・・・・「ドキュメンタリー映画」という枠にはめてしまうのがもったいないほど、流れる映像は詩的で美しくて、目を離すことができない。「倉庫に眠る膨大なアウトテイクをつないで、一本の映画にしたい」というドゥパルドンの思いを形にしようと、共に旅する伴侶、クローディーヌ・ヌーガレが奔走し完成されたのがこの作品だ。懐かしい趣きの残る街角や小売店を撮りながら旅をするドゥパルドンの「(個人的な)今」を語る映像と、紛争地域や政治の内幕といった若きドゥパルドンが撮影した「(歴史的な)過去」を語る映像が交互に流れていく。絵はがきに使いたくなるような美しい映像があるかと思えば、後に独裁者となることを誰も知らなかった頃の政治家の映像がある。コラージュを動画にしたような趣きの中で一貫して感じ取れるのが、ドゥパルドンが注ぐ「被写体への愛情」だ。ドゥパルドンは、「カメラで聞き、見つめる」という方法で、大きな歴史の流れの中で必死にもがいて生きる小さな命に光を当て続けた。何の事件もないさりげない日常なのに、そこには愛とドラマの余韻がただよう。だから、この映画に登場する市井の人たちは、さりげなく登場するアラン・ドロンやネルソン・マンデラら、著名人たちと同じだけの存在感を私たちの心に残していく。その中には、若かりし頃の、クローディーヌ・ヌーガレの映像も。ひとめぼれだったんだろうな。彼女のことが愛しくてたまらないという、ドゥパルドンの思いが伝わってくる。芸術と報道。そのどちらも極めたドゥパルドンだが、根底にあるのは「愛」というひとつの信念であるような気がする。(Mika Tanaka)
 
監督:レイモン・ドゥパルドン、クローディーヌ・ヌーガレ
出演:レイモン・ドゥパルドン、クローディーヌ・ヌーガレ、アラン・ドロン、ジャン=リュック・ゴダール、エリック・ロメール、ジャン・ルーシュ
2012年/100分
 



チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

2017-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.52